日本法令の法令様式通販ネットショップです。
カートの中身を見る
カートの中に商品はありません
株券印刷はプロにお任せください

輸免書類に名入れをして記入作業、ハンコ捺し作業から解放

作業日報に御社の名入れをすれば面倒な押印も不要!

株式会社設立の手順
法令様式とは
渋谷法令センターについて
Q&Aで選ぶ「給与支払報告書」「源泉徴収票」(+価格表)
株券印刷・証券印刷のご注文


日本法令の法令様式通販ネットショップはヤフー登録サイトです。


名前

店長:トリさんこと鳥原(♀)

メモ

いつもありがとうございます。正真正銘の女子ですが、寝ても覚めても欅坂46と乃木坂46のことばかり考えています。(笑)

こんなわたくしですが、法令様式に関しては社内一のベテランですので、ご不明な点は何なりとお問い合わせくださいませ。⇒お問い合わせフォームからどうぞ。
ただし、弊社は販売店になりますので、込み入った内容については、日本法令(メーカー)のサービスセンターへお電話ください。→03-6858-6970


店長トリハラのツイッター

メルマガ登録・解除はこちら



建設71-S 建設キャリアアップシステムってなんだ?(小冊子)
型番 建設71-S
販売価格 650円(税込702円)
購入数

■概要
2019年春スタート!

建設業に従事する技能者は様々な現場で働くことが多いため、技能が統一的に評価されにくいうえ、現場管理や後進の指導などの役割や経験が処遇に反映されにくい実態があります。
こうしたことから、技能者の処遇改善を目的として保有資格や就業実績を、社会保険加入状況等とともにシステムに蓄積する建設キャリアアップシステムが2019年秋よりスタートします。
政府は運用開始後1年で約100万人、開始後5年をめどに全技能者約330万人の登録を目指す方針を打ち出しています。
今のところ登録は義務化されていませんが、目標としては建設工事に従事するすべての技能者を対象にするとされており、将来的には『建設キャリアアップシステム』に登録していないと現場入場ができなくなる等のデメリットも考えられます。

また、登録にあたっては事業者、技能者それぞれの登録に関する手間を考慮し、事業者においては上位請負事業者、技能者においては当該技能者を雇用する事業者がそれぞれ代理で申請できる仕組みも用意されています。
本小冊子では、事業者に向けて、建設キャリアアップシステムの制度概要やシステムに登録するメリット・デメリット、個人情報保護の問題などについて、分かりやすく解説しています。


■詳細
[目次]
・建設業界を取り巻く状況         
・建設キャリアアップシステムってなんだ? 
・建設キャリアアップシステムの仕組み   
・絶対に登録しないといけないの?     
・建設キャリアアップシステムの登録方法  
・登録申請の料金と支払方法        
・登録にあたって確認すべき事項     
 Q建設業者が加入すべき社会保険とは?
・登録にあたって確認すべき事項
 Qどの保険に入ればいいの?
・技能者情報の棚卸し
・建設キャリアアップシステムで不安なこと
・技能者情報取得時の注意事項
・困ったときは?
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける